Top >  義母の認知症の経過 >  病院ではまずMRI

病院ではまずMRI

病院にいけば、まずMRIと言って検査を受けるように言われます。

脳血流シンチグラフィや画像検査(CTやMRIなど)で脳の萎縮の有無や血流の異常を確認し、アルツハイマー性認知症なのか、あるいは脳血管性認知症なのか、またどの程度病状が進行しているのかなどをより詳しく調べます。

実は、私の母は不整脈があってペースメーカーを入れてました。

残念なことにペースメーカーを入れている人はMRIの検査はできないので ペースメーカーの手術を受ける人はいろいろな検査をされるついでに、 MRIも、検査しておいたほうが早期発見にもなりますし、ペースメーカー を入れると、二度とMRIの検査は受けられません・・・・。

そこで、ペースメーカーを入れている人はどうするの?ということですが 母はRIという検査を受けて脳の血流がどうかをみてもらいました。

それで検査結果、痴呆症と診断されましたが

痴呆症は進行を防ぐ薬として、今はアスペクトが処方されると思います。
今はこれぐらいしか薬がないと思います・・・

lime.jpg

lime.jpg

lime.jpg

lime.jpg

義母の認知症の経過

関連エントリー

原因は脳梗塞 義母の認知症の症状 病院ではまずMRI 認知症の母との関わり方